概要

TOP > 製品カタログ > バイオマス関連製品

バイオマス関連製品の特設ページです。

概要


バイオマスとは、「動植物に由来する有機物である資源(化石資源を除く。)」であり、
大気中の二酸化炭素を増加させない「カーボンニュートラル」の特性を有しています(※1) 。
化学工業においては特に 植物油、米ぬか、綿、パルプ、種子 などの資源が活用されており 、東新油脂の製品にもこれらのバイオマスが使用されています。


環境ラベル

環境ラベルとは、商品やサービスがどのように環境負荷低減に資するかを教えてくれるマークや目じるしのことです (※2) 。
一部の環境ラベルについてご紹介します。

〇バイオマスマーク
・管理運営団体
一般社団法人日本有機資源協会

・特色
バイオマスを利用して、品質及び安全性が関連法規、基準、規格等に適合する商品を認定しています。                        
バイオマスマーク認定商品はカーボンニュートラルの考え方に基づき、 循環型社会の形成のため、
バイオマスの有効利用を推進しています。使用したバイオマス原料の乾燥重量割合を「バイオマス度」として定め、
どれほどのバイオマスが商品に含まれているか、具体的な数字をもって表示しています。

・基準の目安
申請商品におけるバイオマス度が、10%以上であること。但し動植物の粗製品等は除く。


image
  
image
  
〇植物油インキマーク
・管理運営団体
印刷インキ工業連合会

・特色
2008年に制定した植物油インキマーク制度は、それまで主流であった大豆油に限らず、
他の一般的な植物油や再生植物油等も使用できるよう対象範囲を広げました。
植物油は、石油系の溶剤に比べて生分解性があり、VOCの排出もほとんどなく環境負荷低減に寄与しています。
現在ではオフセットインキのほとんどが植物油インキ対応製品となっています。

・基準の目安
各インキにおける植物油の含有量が基準。基準値は印刷方式等により異なる。

〇インキグリーンマーク
・管理運営団体
印刷インキ工業連合会

・特色
印刷インキの環境負荷低減を一層促進させるために2015年9月よりインキグリーンマークの表示制度がスタートしました。
この制度は、環境への影響が少ない原料をインキ中にどれ程用いているかを主眼とし、
その割合によって環境配慮の度合を3つのランクに振り分けています。

・基準の目安
各インキにおけるバイオマス割合、VOC含有量が基準。基準値は印刷方式等により異なる。

image
  
image
  
〇バイオファーストインキマーク
・管理運営団体
印刷インキ工業連合会

・特色
これまでなかったグラビアインキに対する環境配慮の新たな業界基準として制定されたマークです。
「バイオファーストインキマーク」は、グラビアインキ中に一定以上バイオマス成分を使用することや、
トルエン・キシレン不使用などの基準を満たしたインキに貼付して、環境配慮の取り組みをアピールするものです。

・基準の目安
印刷インキ工業会NL規制準拠、トルエン・キシレン不使用、乾燥塗膜中にバイオマスを10重量%以上含有。

〇ライスインキマーク
・管理運営団体
ライスインキコンソーシアム                                                                     

・特色
ライスインキは現在ではほぼ一般化されている大豆油インキに代わる環境配慮型インキです。                   
大豆がアメリカから輸入されるのに対し、米は日本を含むアジア圏で生産が盛んであり、
その米ぬか油を植物油に使用することで輸送による環境負荷の削減、地産地消に貢献しています。
また米ぬかは副産物であるため、食糧確保の観点からも地球に優しい材料です。

・基準の目安
インキ重量のうち20%以上が米ぬか油であること。

image
  

製品ラインナップ

東新油脂ではマークの取得に有効な中間材料を提供することで、環境負荷低減に貢献しています。

  
植物油脂肪酸エステル        
製品名     バイオマスカウント(%) 化学名
TOSOLV-ME   95.2   大豆油脂肪酸メチルエステル
SFB-2   83.0   大豆油脂肪酸n-ブチルエステル
TOSOLV-IB   83.3   大豆油脂肪酸イソブチルエステル
TOSOLV-89   71.4   大豆油脂肪酸2-エチルへキシルエステル
TOSOLV-RB   83.0   米油脂肪酸n-ブチルエステル
TOSOLV-RBP   83.0   TOSOLV-RB触媒変更品
TOSOLV-RO   71.4   米油脂肪酸2-エチルへキシルエステル
TOSOLV-LB   78.1   ラウリン酸n-ブチルエステル
TOSOLV-LIB   78.1   ラウリン酸イソブチルエステル
TOSOLV-LO   64.1   ラウリン酸2-エチルへキシルエステル
TOSOLV-STO   71.0   ステアリン酸2-エチルへキシルエステル
         
アルキッド樹脂        
製品名    バイオマスカウント(%) 化学名
UO-3   70.0   亜麻仁油変性ウレタン化アルキッド
UO-5D   69.8   亜麻仁油変性ウレタン化アルキッド
UO-9   68.5   亜麻仁油・大豆油変性ウレタン化アルキッド
NT-11NX   57.2   ヤシ油変性アルキッド
MR-900   26.6   脱水ヒマシ油変性アルキッド
T-087   46.5   脱水ヒマシ油変性アルキッド
TOKYD-25C   25.1   ヒマシ油変性アルキッド
HL-17   81.6   亜麻仁油変性アルキッド
HL-20   73.5   亜麻仁油変性アルキッド
HL-25   71.0   亜麻仁油変性アルキッド
LA-022   80.0   再生大豆油変性アルキッド
TOKYD-TY-MZ   80.0   再生大豆油変性アルキッド
TOKYD-57   68.9   大豆油変性アルキッド
TOKYD-68   71.7   大豆油変性アルキッド
TOKYD-72   82.0   再生大豆油変性アルキッド、ロジン含有タイプ
EXM-716   78.6   再生大豆油変性ウレタン化アルキッド
         
アクリル樹脂        
製品名    バイオマスカウント(%) 化学名
XK-6006   73.2   PP密着性アクリル樹脂
XK-9012   35.5   シリコン変性アクリルポリオール
         
植物油アクリレート        
製品名     バイオマスカウント(%) 化学名
UV-5019S   69.0   大豆油アクリレート
UVAC-54S   54.0   大豆油アクリレート
UV-8025R   70.5   米油アクリレート
         
加工油        
製品名     バイオマスカウント(%) 化学名
舶純亜麻シリーズ   100.0   重合亜麻仁油
桐4号   100.0   重合桐油
PK-110   100.0   重合大豆油
SOボイル2号   100.0   再生大豆油ボイル油
工一重合ひまし油   100.0   重合ひまし油
亜麻ボイル   100.0   亜麻仁油ボイル油
       
水性樹脂        
製品名     バイオマスカウント(%) 化学名
XT-9172   30.0   再生大豆油変性アルキッドエマルジョン
XK-0097A   85.0   可乳化亜麻仁油
XT-9181   37.0   PP密着性アクリル樹脂
image
  

お問い合わせ

リクエストに応じて上記ラインナップ以外の樹脂も開発可能です。
お気軽にお問い合わせください。


原材料の情報ありませんか?
動植物由来のコンテントを持つ化学素材をぜひご紹介ください。
弊社購買部では多塩基酸、多価アルコール、(メタ)アクリルエステル、
アクリルオリゴマー 等々広く募集しております。
右のお問い合せフォームよりお願い致します。

※1農林水産省より
※2環境省より

  

ページ先頭へ